どれくらいで手元に戻ってくる?スマホの修理期間と注意点

スマホの修理に掛かる期間

日常生活において欠かせない物へとなりつつある携帯電話を、何らかのアクシデントで故障してしまった時に気になるのが修理に掛かる期間です。修理に出す場所によって若干の違いはありますが、簡単な修理程度で済む故障であればその日のうちに完了することもあります。故障の度合いが深刻な場合には1週間以上掛かってしまうこともあるので、修理に出す段階で目安を確認しておくことが必要です。修理期間の長さによっては戻ってくるまでの間、代替え機を貸してもらうこともできます。

修理に出す前にやっておくべき作業

携帯電話を修理に出す前にやっておくべき大事な作業の一つがデータのバックアップです。携帯電話には個人情報を始めとした重要な機密データが入っているため、修理に出された場合は機密保持の観点から全て削除した状態で返却することが義務付けられています。電話番号はもちろん、写真なども全て削除されてしまうので、消されたくないデータはパソコンなどにバックアップをしておかなくてはいけません。そのほか、挿入されているSDカードも処分されてしまうため注意が必要です。

決算アプリのデータを預けておく

携帯電話に標準装備されている電子マネー決済を日常の買い物で使用している人場合に忘れてはいけないのがデータの預け入れです。極まれに修理に出して戻って来たら残高が減っていたというトラブルもあります。このケースは大半が残高などを細かく把握していないことによる記憶違いですが、無用なトラブルを避けるためにも預け入れておくことが大切です。

スマホ修理の三宮は多くの人が訪れる駅周辺と言う事もあり、修理業者の競争が激しいエリアです。競争が激しいからこそ質の高いサービスが受けられます。